中年処女

今後もまずます増加していく中年処女

恋愛が苦手な中年処女が右肩上がりに

おっさんが増えている一方で30代のヴァージンも増加傾向にあります。

1980年代の日本はバブル最長期で男性も女性もエネルギッシュな方が多く存在していました。

しかし、バブル崩壊以降は長引く不況にリーマンショック、中国の台頭や東日本大震災など中々景気は回復には向かいません。

処女はアベノミクスによる景気回復が期待されてはいますが、2016年現在では景気が回復したという実感が湧かない状況です。

なぜこんなお話をさせて頂いたのかというと、景気とセックスには大きな関係があるからなのです。

中年処女の恋愛観は難しい

このページでは、2016年現在日本で増加傾向にある40代の処女の背景などにスポットを当ててご紹介させて頂きます。

1980年代においてコミュニケーションはとても重要なファクターでした。

仕事はもちろん恋愛など自分に関わる全ての事柄に対してコミュニケーションは必須スキルだったことは間違いありません。

しかし、現代では、商品を購入するのも人に合う事なく購入できるような環境が整ってきていたりします。 またSOHOのように一日中、結局は誰にも合わなくても仕事が出来てしまう事もあり、普段からコミュニケーション自体がそれほど重要視されていません。

その為、これは処女の人との付き合い自体が面倒だと思う方が増えているのです。

出会いのきっかけがないという中年処女の理想は高い

ヴァージンを大切にしている中年処女

セックスは対話と揶揄される事もあり、人と人との繋がりが重要になってきてしまう部分でもあります。

その為、セックス自体を面倒に思っている30代男性や40代女性の処女が増加しているような傾向にあるのです。

20代から30代の男性の中でセックスをした事がないという童貞の方は、今では40パーセント近くにも達しています。

女性の方も男性の40パーセントをわずかに下回っているに留まっています。

人付き合いが苦手な為、ここではセックス自体に興味を持てない方が増えているという事なのです。

人付き合いが苦手な方が男女共に増えているという事は、未経験のヴァージンが異性と親密な関係になるような機会が少なくなっている事にも繋がります。

異性と出会う場がなければセックスをできる可能性は極めて低くなってしまいます。

仕事が忙しく残業続きのような場合には、異性と出会い場所はこれは会社しかありません。

しかし処女は社内恋愛は別れた時のリスクが高くなっていますので、おいそれと手を出す事は難しいのが現状です。

元々異性に対しての興味が希薄になっているのに、出会うきっかけすら少なくなってしまっているのですから、ここでは未経験の処女が増えてしまうのは当然のことだと言えます。

焦りどころか結婚を諦めてしまっている中年処女

少子化にも影響を与えている中年処女

2016年現在の日本は、世界でも例を見ない程のスピードで、高齢化社会に移行しています。

このままの推移で行けば、2060年には、日本の人口は30パーセント以上減少し8千万人台にまで一気に少なくなると実は言われています。

また、その人口の中でも高齢者の割合が高く5人に2人異常が高齢者という社会になってしまいます。

少子高齢化対策としても、未経験と中年処女の対策は非常に重要な事になってきています。

現代日本において、結婚が徐々に晩年化しているという事も40代と中年処女を生み出している背景として忘れてはいけません。

バブルの頃には女性は25歳までに結婚できないと売れ残りのクリスマスケーキなどを言われていました。

しかし、現在では、30代でも結婚に焦りを見せている方は少なくなっております。

また同時に不景気の関係で、男性だけのお給料では一家を養うだけのお給料を捻出する事ができないといった事もあります。

結婚する事で今よりも貧困化してしまう事に懸念を抱き、ヴァージンが結婚したがらない30代の男女も増えています。

また、バブルの時のように、女性は結婚しなくても働くことができる環境が整っているのも事実です。

女性の社会進出をした事と、女性が子供を作りやすい環境造りのスピードが伴っていない為、結婚できない男女が増えています。

その為、処女のセックスに対する価値観が薄れているという背景もあるのです。