セカンド童貞

セカンド童貞の方が解消方法は難しい

苦手意識や嫌悪感が強いセカンド童貞

日本の特に首都圏に増えているのが中年の未経験です。

若いころはセックスをしていたのに30代半ばくらいからセックスをしなくなった方が増えて来ています。

肉食女子や草食男子のような言葉が生まれ、定着化している時代ですからこれまでとは男女の生活スタイルが変わってきてしまうのは仕方がない事かも知れません。

最近では、中年の中でもセカンド童貞という言葉も定着してきてしまっております。

これは一過性の事ではなく真剣に悩むべきことだと思われます。

多趣味の人がなりやすいセカンド童貞

そもそもこの言葉がどのようなものかというと、セックスの経験はあるものの、数えると一年以上性行為をしていない方の事を指した言葉です。

主にマスコミの方が雑誌などで紹介した事がキッカケで広まりました。

それだけ若いころにセックスをした事があっても現在はエッチが出来なくなってしまっているようなセカンドの方が増えているという事なのです。

あまり行為そのものが好きでないセカンド童貞

そもそも性欲が強くないセカンド童貞

女性の社会進出に伴い、男性の立場も大分変ってきてしまいました。

役職にも女性が多くついていますし、最近では、男性が専業で家事を行う主夫という方も増えて来ています。

これは女性が自信をもてる社会が出来上がってきている一方で、自信を無くしてしまう男性が増えているのは間違いありません。

そして中年の中でも二回目がまだの方は、セックス自体が嫌いという事でもなく、これは真性の方と違います。 初めての性行為は大好きな方と思って選り好みしているわけではありません。

その為、デリヘルやピンサロなどにお金を使う事には抵抗がありません。

またセカンド童貞の方に多いのが、結婚をしていて奥さんを抱くのに情熱が持てなくなってしまった為、いつのまにかsex自体に興味がどんどん薄れてしまっている場合です。

若くてかわいい女性には欲情するのに奥さんには欲情しない。

若い女性とセックスしたいけど、家庭があるので不倫のリスクは負いたくなかったり、そしてセカンドはお小遣い制の為、もしくは風俗に行く事が出来ない為、自然とセックスをしなくなってしまったというパターンです。

また、エッチ自体は好きだったのですが、女性のから性行為の時に「超下手クソ」や「キモい」など中傷されてしまった為、セカンドでセックス自体に嫌悪感や恐怖感を覚えてしまっている方も少なくありません。

過去のトラウマが原因でセカンド童貞になってしまう

何かセカンドを解消するきっかけを作ること

そのような精神の苦痛は、EDと呼ばれる勃起不全にも繋がってしまうため、セカンド童貞に拍車がかかってしまいます。

セカンド童貞は、自分に自信が無いことや女性に対して失望感などを持っている為に、セックスに苦手意識を覚えてしまう事がきっかけで陥る症状だと言われています。

真性と違って経験した上で性行為への興味を失ってしまっている為、深刻化する事も多く、一度このようにセカンドになってしまうと抜けられないといった悩みもあります。

つまり、二回目の停滞の方は、真性の方と比較した時には、より深刻で悲惨な状況になっている可能性が高いという事なのです。

特に男女共に年齢を重ねることで自分の容姿に自信が無くなってしまう傾向にありますので、そして中年の中でもセカンド童貞は増えている一方になります。

sexに興味が無くなるという事は、異性の目が気にならなくなってしまっているという事になります。

その為、体型がだらしなくなったり、不潔になったりなど容姿が劣化してしまう傾向にあるのも忘れてはいけません。

しかし、セカンドは人間本来は性欲を持っている生き物ですので、そこを抑えていると他の分野に影響がある可能性があります。

また、セックスをしようとする事で自分を高める意識をもつ事が出来るため、人生にプラスの影響を与える事ができます。

もし最近エッチしていないという中年男性の方は、セックスに対して前向きに検討してみてください。

きっとこれまでとは違った世界がひろがるはずです。