こじらせ

既にこじらせて歪んでしまっている性格を改善

プライドを捨てることもこじらせ系は重要です

最近では、中年の童貞や処女が珍しく無くなってきています。

バブル全盛期の1980年代後半までは、結婚イコール幸せと思われていた部分があった為、結婚をしていない方は落ちこぼれのような目で見られる場合もありました。

現在では女性の社会進出やサービスの多様化などもあり、あえてこじらせて独身を選んで生活している方もいたりしますので、未婚が不幸とは前ほど思われなくなっていたりします。

しかし、結婚するしないは別にしておいて女性との恋愛経験が少ないという方の割合がとても高くなっているのは心配です。

人間関係が希薄になっているとはいえ、女性と付き合った事がなかったり、セックスをした事がないという方の割合は、それだけが理由ではないと思います。

そこでこのページでは、40代になってもセックスをした事がないというおっさんが童貞をこじらせてしまっている方が増えている理由や、その背景について調べてきた内容をご紹介させて頂きます。

こじらせてることを認めないパターン

中年になっても未経験をこじらせている方の多くが、インターネットなどの情報を鵜呑みにしてしまっている方が多いのが特長です。

インターネット上で閲覧する事の出来るブログや掲示板には、様々な恋愛に関する情報や体験談が寄せられています。

マスコミが発表している文章よりも拙かったりしますが、それが余計に真実味を与えてくれます。

ここでは恋愛に必死になって頑張ったけど酷い目にあってしまった話です。 こじらせた処女じゃなければ女性は価値が無いといったような話題を真に受けて自分の価値観を決めてしまっている場合には、現実の女性には興味が無くなってしまうのも仕方の無い事かも知れません。

こじらせた原因次第ではすぐに脱却できることも

過去のトラウマが原因でこじらせてしまった場合

現実の女性に価値を見出せない方は、未経験のまま年齢を重ね中年童貞になってしまうのです。

そんな方を周りの方は冷静に30代のくせに、こじらせていると冷笑しているのです。

普通の方は、セックスをするために雰囲気造りで高級レストランでの食事であったり、ホテルを予約したりだったりと、普段よりも女性とのデートにかけるお金を無駄な出費だと考える事はありません。

しかし、このように中年童貞をこじらせている方は、結局はそれらの出費を無駄だと決めつけてしまうような節があります。

「あんなレベルの女性にホテル代や食事代などをかけてセックスするのはカッコ悪い。

あんな女性とセックスするくらいなら風俗行った方がかなりコストパフォーマンスがかなり高い。」

などとこじらせたと思っているからというのもあります。

セックスをした事がない方に、風俗サービスと一般女性とのセックスの違いについて細かく説明するのは難しいかも知れません。 インターネットのブログの情報を鵜呑みにしているおっさんの方はそれが正しいと思い込んでしまっている方もいらっしゃいます。

自意識過剰なこじらせ系の屁理屈

常に文句が多いこじらせ系の現実

特に風俗での経験はあるけど一般の方との経験はない素人童貞の方の場合には、セックスという物を知っているからこそです。 どこかでそのように思ってしまう傾向があるのかも知れません。

セックスを性欲処理の方法とだけ考えた場合に、最もコストパフォーマンスが高いのはオナニーだと思います。

しかし、こじらせたセックスにはセックスでしか体験する事ができないタイプの物があります。

それは、インターネットの知識だけでは埋める事ができない体験するという事を通じてしか得る事が出来ない情報です。

中年童貞をこじらせている方の多くが、自分の脳内だけで完結してしまっています。

想像の範囲だけできっとこうだろうからやらないと自分を正当化してしまっているのです。

セックスが出来ないのとセックスが出来るけどしないのには大きな差があります。

特にセックスという物は、年を取れば取る程、期待値が高くなってしまうので失敗する事が難しくなってしまう物です。

現代でこそ肉食女子のような言葉が生まれてはいますが、本来は男性から誘うのが自然な流れです。

自分の考えやネットの意見に凝り固まっていないで、こじらせることなく積極的に異性との交流の場を設けるようにしてください。