中年童貞

中年童貞は女性から見ればすぐにバレる?

特徴が中年童貞は解り易い?

小さい頃や10代の頃は性に関する知識も身に付けていき、友達に恋人ができると「いつか自分にも良い人が現れるはず」卒業できると考えてしまうものです。

これが20代になると、徐々に判明しない様に焦りが出始めて空回りをする日々が待っています。

妄想に耽り、エロコンテンツを利用して自分で自分を慰めるようになり、そして30代になるともはや自分とは無縁の世界なのではないかとも感じるようになるというもの。

特徴として30代以降の中年になると理想と後悔の狭間で苦悩するようになり、最後には絶望することになります。

中年童貞は女性から見ると気持ち悪い?

浮いた話は自分には合わない、自分とは完全に無縁なものだと決め付けて、やがて性への興味も薄れていくことになります。

40代の中年童貞はこうして生まれることになり、このことが社会問題として取り上げられるに至ったわけです。

全国の男女1万人以上の方々を対象に行ったアンケートでは、20代における割合はおよそ40%にも上り、30代では25%、40代でも8%という驚くべき結果が出ることになりました。

女性についての結果もこれと似たようなもので、日本国内の性事情が露見することになりました。

一方で卒業済みが未経験を脱出した年齢の平均についても同調査にて20.28歳であることが分かりました。

そして、ほぼ全員が大学へと進学するようになったことを考慮すれば、中年でも経験済みの人のほとんどが学生中に卒業していることが分かります。

キスや手をつないだり交際経験もない中年童貞

女性と触れ合った事がない中年童貞

中年を30代から40代までの男性と定義した場合、およそ3割もの男性が童貞ということになります。

この割合はまさに驚異的であり、これが問題と捉える社会の言い分もよく分かります。

指摘されていることは、現在も進行している少子高齢化問題を、ここではなんとかして改善すべきであり、こういったまだ卒業できていない方々が異性に興味を持つようになれば、解決へと導かれる可能性もあるということです。

人口を増やしていくためには1人あたり2人以上の子供を作る必要があるわけですので、少子高齢化の改善策として考えるよりかは現状維持をするための方法と言えるかもしれません。

むしろ30代の中年童貞の割合がこのまま増加していけば、少子高齢化はとてつもない加速を見せることになりそうです。

バブルの時代やそれ以前、第一次、第二次ベビーブームの時代には、男性が女性を誘うという男性主導による性的な考え方がここでは主流でした。

女性にモテたいから仕事に精を出す、車を購入する、自身のステータスを向上させるために社会へ関心を持つことが一般的でした。

この流れが大きな原動力になり、購買活動も活発化、日本経済も急成長するきっかけとなったわけですので、人々の性に対する考え方が経済を大きく動かしていくことが分かります。

それが現在では性に関するコンテンツも充実し、性への関心も一方通行ではなく四方八方へと展開されることになったため、これまで経験をしたことの無いような経済状態へと発展してしまったとも考えられます。

さて、特徴としてはそれではなぜ昨今では中年童貞が増加傾向の判明にあるのでしょうか。

その卒業できない原因の1つに、考え方の違いが挙げられます。

けしてブサイクでなくても中年童貞は多くいます

女性に対してかなり苦手意識が強い40代中年童貞

結婚をして子供を産む、これを幸福と見るのは以前の考え方であって、現在では「負担」と「責任」というマイナス方面の捉えられ方をされています。

これから結婚をしたとしても必ず卒業して幸せになれるとは限らない、むしろ判明したのは経済面を考えれば生活に不自由さを加える足枷になると考えているからこそ、結婚をせずに童貞であることを守り抜いているのだと、一般的には考えられています。

ですがこれは問題の本質からは程遠い回答です。

未経験の人が30代で中年童貞になるまで女性関係を築こうとしない理由は、100%が経済面による不自由さが原因となっているわけではありません。

卒業できないのが経済面の他にも性コンテンツの充実や、女性と一緒に遊ぶことの他にも楽しめることが増えてきている、といった理由は論理の後付けです。

もし仮に自分の理想通りの女性が目の前に現れて、相手から特徴があるアプローチがあったとしたら、それを割合、受け入れる人がほとんどなのではないでしょうか。

そうでなければ、恋愛シミュレーションゲームや二次元コンテンツが売れる理由が説明できません。

今卒業できなければ一生、中年童貞のままです

卒業したいけどできない中年童貞のしがらみ

現実世界の女性に対して、生殖の本能よりも先に理想を思い描いてしまうからこそ、現実に目を向けなくなってしまう、これが童貞たらしめている本質であり、問題の核をなしている現象です。

また、自己防衛本能が男性としての性欲を押さえ込んでしまっているのも問題のコアになっていると言えます。

もしも40代の中年が女性にアプローチをして失敗に終わってしまったら、判明すると自分を保てなくなってしまう、自分というブランドを傷つけることになってしまいます。

傷心から身を守るために積極性を失ってしまうわけです。

童貞を卒業するためにはどこかのタイミングで失敗を恐れる心を捨てる必要があります。

人は成長するにつれて、過去の自分を肯定するためにも、尊厳を守っていくことを考えるようになります。

20代で未経験の方が、そのままプライドを捨てずに日々を消化してしまうと、その後には割合30代が中年童貞というレッテルや特徴を貼られた惨い世界が待ち構えていますので、できるだけ早い段階でこの問題に気付き、防衛本能や理想の殻から一歩前へと出なければなりません。